大型特殊免許取得

   

先日、パパは都城ドライビングスクールに大特の免許を取りに行きました。実家にホイールローダーやトラクターがあり、免許を持っていた方が良いかなぁと思ったからです。都城ドライビングスクールにしたのは単純に安かったからです。
閑散期である6月であるにもかかわらず、予約が一杯でした。コロナのせいで大学に行けない大学生が免許を取りに来ていること、昨今、車離れがすすんでいたが、密を避けるために自家用車のニーズが高まりつつあること、農業機械の法改正により小型特殊と大型特殊の違いが明確になり、多くの農家の人が大型特殊の無免許運転になり、熊本県で一斉摘発があったことなどが理由のようです。なので、夜間に一時間ずつの実技で、卒検も入れて6日かかりました。
コマツのホイールローダーWA100に乗りましたがかなり大きく、車線をはみ出さないか、恐る恐るの運転でした。内輪差がなく、機械が中折れするのでハンドルをきり、戻すタイミングが普通車と違います。
この操作法を学びに自動車学校に通いましたが、交通ルールは普通車と同じなので学科は免除になります。そして先生には操作法よりも交通ルールの説明と注意をされた方が多かったと思います。普通免許を取ってから約20年、自分の運転をチェックする機会はありませんでしたから忘れていたり、自己流になっていたようです。初心に戻って安全運転を心がけるいい機会になりました。
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - 安全