#鬼門

   

我が家の敷地には二つの入り口があります。息子君が簡単に道路へ飛び出さないように車が入りにくい方の入り口に塀をたてることにしました。
レンガをおき、柱をたて、板をはりつけ、防腐剤を塗りました。あと、便利になるように扉をつけました。
端の方にアクセントで木を植えようと思いました。せっかく植えるなら、虫除けか、厄よけになるような木
が良いと思い、検索しました。
桃太郎やイザナギノミコト神を助けた桃の木、新しい葉が出るまで枯れ葉が落ちないことから子孫繁栄をあらわす柏の木、神様の木と書く榊、強い香りで邪気を払う山椒の木、強い香と金がつく金木犀、パパの一族と縁の深い梅の木、節分やクリスマスに飾る柊の木、難を転ずる南天の木などたくさん候補があります。それらの木は敷地の北東側(鬼門)に植えると良いとされます。鬼門はざっくり説明すると『名前のとおり、鬼がやってくる方角、厄が入ってくる方角』です。そこを清潔に保ち、厄除けのもの、お札や盛り塩を置くとよいとされ、敷地への出入口をつくることは避けるべきとされます。
…さて、パパは我が家の鬼門を方位磁石で北東(鬼門)を探しました。そこは、まさに今、塀を建て、木を植えようとしている場所でした。塀を建てただけなら厄除けになったはずですが、パパはご丁寧に扉、つまり、入り口までつけてしまいました。このままだと厄が入ってきてしまうので結局、扉を使えないように南京錠をかけました。
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - DIY, ジンクス, マメ知識, 失敗談, 安全