#助成金の申請

      2019/10/24

不妊治療には県から助成金が出ます。私たちは息子君を授かるまでに5回、助成金を受け取りました。上限の15万円を5回です。もちろん出費の方が大きいですが、とても助かります。
先日、2人目不妊治療を行い、残念な結果ではありましたが、結果にかかわらず、助成金の申請は6回までできます。最後の1回を申請しました。県を跨ぐ引っ越しをしたので今までと違う保健所、久しぶりの申請、そして最後の申請ということで少し落ち着きませんでしたが、6回目ということもあり、書類に不備もなく数分で終わりました。パパは、過去を振り返ります。
1回目の申請は、『まだ始まったばかり、最初からうまくいくとは思っていない。書類揃えるの大変だなぁ』という感想です。
2回目はまだまだこれからという感想です。
3回目は申請にも慣れてきた、少しだけ大丈夫かなという不安が出てきました。
4回目は不安が大きくなりました。6回目を申請したら不妊治療の中止、別の道をという考えが頭の片隅にできました。
5回目は息子君の妊娠が分かった後なので、妊娠継続の不安がありつつも、喜びの方が勝って和やかな申請でした。
6回目は『最後の1回が終わった、もうここに来ることはないだろうなぁ』と寂しくも息子君の存在のお陰で穏やかな気持ちでした。
もし、6回とも残念な結果になっていたら、苦しみと哀しみが押し寄せ、涙の申請になっていたでしょう。職員の方も相当、気を使っている感じでした。
不妊治療は、精神、体力、そして金銭面で大きな負担があります。いつまで?何回行うか?私たちに可能性があるのか?いつ諦めるか?その時はわかりません。
そして、理由は知りませんが助成金は6回までです。この6回目が不妊治療を続けるのか?やめるのか?のターニングポイントになるのです。
諦めの悪い私達は少なくとも助成金で補填された分は治療を続けようと決めました。
アウトドア&フィッシング ナチュラム
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - つぶやき, 医療, 妊活中, 手続き