余裕のある運転

   

先日、滋賀県の大津市で保育園児が犠牲になる悲しい事故が起きました。
遠方で面識の無い私達ですらニュースを見て胸を締め付けられるような事故です。
ご遺族、関係者の方の気持ちは計り知れません。
私達にも大事な息子がおり、日々の暮らしの中で車を運転します。他人事では片づけられず、加害者、被害者にならぬように気を付けなければなりません。

二週間ほど前、パパは会社の上司に注意されました。
『ずーっと言おうか?迷っていたんだけど、最近のパパ君は朝がギリギリだよね。始業時間ちょっきりに走ってくるから遅刻ではないんだけど、保育園に送って行くのも大変だろうけど、10分でもいいから余裕を持たないと!』と言われました。
次の日からパパは30分早く起き、15分早く家を出るようにしました。家を早く出ると無意識に法定速度を守り、信号がかわりそうなときにアクセルを踏むことなく、運転中にイライラせず、安全運転になりました。
ギリギリに家を出ていた時に危険運転をしていた意識はありませんが、速度オーバーしたり、車間が狭かったり、黄色信号で行こうとしてアクセル踏んだりと、今思えば余裕の無い運転をしていたんだなぁと気付きました。
ショップチャンネル
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - つぶやき, 失敗談, 安全