初詣

   

元日の朝、パパの実家にて、息子君の機嫌が悪いのでパパは散歩に連れて行った。1キロ程歩くとパパが小さい頃に遊んでいた酒谷神社が目に入った。この神社は戦国時代に九州最強の島津軍に睨みをきかせるために造られた酒谷城の跡地に建立され、ふもとにある軍神『山田匡得』を祭った匡得神社と共に戦の神として知られている。なので受験競争など勝ちたい時はお詣りすると良い。ただし、この神社に参拝するには不揃いな長い石段を登らなければならない。新年ということもあり、パパは息子君を抱っこして登ることにした。神社と言えば階段が長いことが多いが、年々、登るのがしんどくなる気がする。これは体力の低下&歳を取ったことを認識し、無理せず身の丈にあった生活をしなさいという教えなのだとパパは思った。階段数を数えると175段であったが、それをパパの兄弟、父に言うとそれぞれ違う段数と認識していた。頂上には誰もいなかった。パパの父が言うには『11時から神事があって、獅子舞が出発する』とのことで早すぎたようだ。
次の日、霧島神宮を参拝した。すごい渋滞だった。途中、高千穂牧場にて動物と一時間程戯れたが、昼に家を出たのに参拝したときには5時をまわっていた。
さらに次の日、ママの実家から近い東霧島神社に参拝した。毎年参拝しているが今年は参拝者が多くビックリした。ママの弟が言うには『東国原さんとあばれるくんが来て全国放送され、参拝者が増えている。鬼の石像も綺麗に塗り直した。』とのこと。
これでパパと息子君は三社参りをしたが、ママが『三社参りって1日で三社まわるんじゃないの?』と言った。パパは『1日に三社まわるのって大変じゃない?時代に合わせて柔軟に解釈しても良いんじゃね?、秋篠宮殿下も時代に合わせた神事の簡素化をおっしゃっていたよ』と錦の御旗を掲げたように返された。
参拝するために並んでいると途中から横入りする人がいた。それを見たママは😡プンプンしたが、パパは『正月早々、怒るもんじゃないよ、でも、あの人たちは何をしに来たんだろうね?神様にお願い事しに来てるのにさ、あんなことしたらご利益無いよね😁無駄な時間過ごしてるよ、頭悪いな、あんな人相手にプンプンしても時間とエネルギーの無駄遣いだよ』とさらりと見下し発言していた。他にも障害者スペースに駐車している健常者を見てママがプンプンすると『いいんだよ、あの人たちは心に障害があってさ、優しさが足りない可哀想なバカだから』と言った。パパが一番キツイと思うママだった。



下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - お出掛け, パワースポット