雄児石どん

   

土曜日、保育園の参観日がありました。お弁当持参だったのでママは朝早くからはりきって弁当を作りました。そのため、イベントが終わってから家に帰るとママはバタンキュー(昼寝)しました。息子君とパパはお菓子を食べたり、オモチャで遊んだりしていましたが、二人とも飽きやすい性格なもので散歩に行くことにしました。目的地を決めずにひたすら家の前の道を進みました。約650m進むと普段、自動車で通るときは気づきませんでしたが『雄児石』という矢印の看板を見つけました。
パパは、『強くて勇ましいを表す英雄の「雄」という漢字』と『子供を表す「児」という漢字』がついた石があるのかな?と思いました。だとしたら息子君を連れていき、ご利益を得なければならないと思いました。
この時、夕方の5時です。日が傾き始めていました。畑道を進み、杉林を抜けますがなかなか着きません。約1.2km歩きやっと目的地に着きました。日は完全に落ちていました。
明かりはなく、社の中は暗くて見えませんでした。とりあえず、手を合わせて横にあった看板を読んでみると、供養塔でした。パパの勘違いだったようです。
さて、来た道を帰らなければなりません。ママは疲れて寝ているでしょうからお迎えは期待できません。無計画で来たので懐中電灯は無く、黒いTシャツに黒い短パン、黒いベビーカーです。今は11月です。外灯がない道をひたすら歩き、たまに車とすれちがいますが相当異様な光景だったと思います。救いだったのは三日月が出ていたことです。月の光に導かれ🎵なんとか帰り着きました。ママは起きており、プチお説教されました。



下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - お出掛け