#オムツを持って帰る

   

先日、ネットサーフィンをしていたら「保育園で汚れたオムツは持って帰るべきか?」という議論が目についた。
息子君の通う保育園では『オムツは持って帰る』ことになっており、それが当然だと思っていた。どうやら『オムツを処理してくれる』保育園もあるらしい。
私達の住む土地には電車はない。車社会であり、皆、車での送迎を行っている。その為、帰りにスーパーで食料品等を買いに行ったとしても店内にオムツを持ち込むことはない。
だが都心部では車に乗る人は少なく、徒歩&電車で送迎を行う。なので、ビニールにくるんであるとはいえ、それを持ったまま電車やスーパーに入らなくてはならず、肩身の狭い思いをしているか方がいるようだ。
保育園側で処理をしてもらえばその心配は無くなるし、親は楽なのだが、サービスが増えるということはそれだけ保育園側に『お金』と『時間』が必要になる。
家ではオムツは家庭ごみなので、ゴミ袋代だけですむ。しかし、保育園で処理をする場合は事業系廃棄物扱いとなる。1人3回、オムツ交換をすると100人で1日300個という大量の使用済みオムツを廃棄しなくてはならない。保育士さんの負担も増える。
オムツの処理を保育園に一方的に要求するのではなく、処分料(保育士さんの手当)を親が負担する形であればアリだと思う。

この話をママにすると、オムツを持って帰ることのメリットを知ることができた。
まず、息子君は便秘になることが多い。帰ってきたオムツによって保育園での便の有無を知ることができる。
オムツの数で保育園でオムツをキチンと替えてもらっていることも確認できる。
これらは連絡帳でも確認できるが、実物で確認できれば間違はない。
いろいろと述べたが、我が家の結論としては、どちらでも良い。保育士さんが楽をする、損をしない方を選んでもらえば良いと思う。
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - 保育園