#夏休みの必要性

   

今年は異常なほどに暑い。昔ほど聞かなくなったが温暖化って本当なんだなぁと思う。先日、小学1年生が熱射病で亡くなった。外は異常に暑かったようだが、教室の中もエアコンが無く、37℃あったとのこと。室温が37℃という体温以上に高い環境の中では勉強に集中できるとは思えないし、今回のように生命の危機にさらされることもある。このニュースを見た時、『もうすぐ夏休み、夏休みだったら悲しいことは起きなかっただろう』と私は思った。私以外にもそう思った方はいるだろう。夏休みが設けられたのは、暑さのために集中力が途切れ、パフォーマンス、能率が低下してしまう、そんな時期に勉強する必要は無いだろうと昔のえらーい人が言ったからだと思う。近年は夏休みを設けた時と異なり、梅雨明けからずーっと暑い。夏休み期間の前倒しや活動の時間を早朝や夕方など涼しい時間帯にずらすなどの対応が求められる。大人でさえ暑さに耐えられずエアコンを使っているのに大人よりも体力の低い子供達の教室にエアコンがないのは疑問である。小学生が亡くなった学校もそうだが、『例年通り、いつも通り、今まで通り』が判断の基準になっている。もしも児童が亡くならなければ、来年も同じ活動が行われていたと思う。既に現場レベルで臨機応変に対応しているところもあるだろう。しかし、この『今まで通り』という楔を取り払うにはかなりの勇気とエネルギーを要する。現場レベルではなく国、文科省レベルできちんとマニュアル、環境、ルール作りが必要なんだよなぁ。
と、テレビの前で横になり、おしりをボリボリ書きながら小心者パパは言っていました。
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - つぶやき, 時事ネタ