#はしか

   

沖縄で流行していた「はしか」ですが、愛知県でも感染者が出ました。明日からゴールデンウィーク、人混みが生まれ、皆さんが活発に移動する時期です。感染が広がらないか?心配ですね。「はしか」は2015年に世界保健機関(WHO)に「日本では排除状態」と認定されるほどに過去の病気だったのですが、海外から持ち込まれてしまったようです。「はしか」は、空気感染もするために感染力が非常に強く、長期間の高熱と発疹(皮膚が赤くなる)、希に死亡者が出る恐ろしい病気です。犬公方と呼ばれ、生類憐れみの令で有名な5代将軍の徳川綱吉もこの「はしか」で亡くなったと言われています。この病気には特効薬がなく、安静にし、栄養&水分補給をしっかり行い、自分の免疫力で排除するしかありません。この「はしか」に最も有効なのは予防接種であり、2回接種していれば、ほとんどかかることはないようです。
しかしながら、息子君はまだ10ヶ月です。1歳にならないと1回目の予防接種すらできません。なので、先ずは365日一緒にいるパパとママが感染しないことが重要となります。パパとママは、子供の頃の制度の不備により、予防接種を0~1回しか受けていない「空白の世代」のようです。ですが、「安心してください!射ってますよ!ちゃんと2回!」
それは不妊治療を始めた時のことです。「妊婦が風疹にかかると子供が先天性の障害を持つ可能性が高くなる」ということを知ったので、私達夫婦は風疹の予防接種を受けに行きました。しかし、風疹のワクチンが無かったので、パパとママは「はしかと風疹の混合ワクチン」を射ってもらいました。そして、その時に双方の親にもらった母子手帳にも「はしか」の予防接種1回分の記録が残っていました。なのでパパとママは2回予防接種を受けたことになります。あとは息子君がよそ様から「はしか」のウイルスをもらわないか、祈るばかりです。

下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - 医療, 時事ネタ