#薬の飲ませ方

      2018/03/21

息子君は9ヶ月になりますが、初めて風邪をひきました。保育園入園1週間目、季節の変わり目、ママからもらった免疫が切れた頃、なのでちょうど風邪をひきやすい時期のようです。痰が絡むような咳と鼻水、38度の熱が主な症状です。息苦しそうで、夜中何回も咳をして目が覚めるので、もぞなぎぃと思ったママは病院に連れていき、抗生物質と鼻水&咳を抑える薬を処方してもらいました。まだ一度も薬を飲ませたことがないので、どうやって飲ませたらいいのか思案しました。
お昼は、ヨーグルトに混ぜて食べさせましたが、フルーティーな味がついているとはいえ抗生物質は苦いです。嫌がる息子君に、ママは鬼になって食べさせました。息子君は手でスプーンを振り払いましたが、それでも食べさせるので、合掌してごちそうさまの合図を必死に出していました。

夜は、ヨーグルト作戦は通用しませんでした。ヨーグルトを見ると口を固く閉ざします。そこでママは薬に水を加えて団子を作り、それを指でほっぺの裏に押し込みました。息子君は泣きましたが、全部飲み込みました。その後はミルクすら飲まず、寝てしまいました。

次の日の朝、溶かしたストロベリーチョコレート(パパの嗜好品)と薬を混ぜて食べさせました。乳児にチョコレート?と賛否があるかもしれませんが、わりとスムーズに飲み込めました。が、次の日はダメでした。
その後、色々試しますが、うまくいきません。息子君は、麦茶は飲むのにジュースは飲まないので苦戦しました。そして息子君が何の疑いもなく、自らすすんで飲んだのは芋飴でした。これに気付いた頃、薬は最後の一回になっていました。もっと早く気付けたらなぁ…
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

 - 医療, 食事