#医療費控除

   

今年も確定申告の時期がやってまいりました。パパはサラリーマンで副収入もないので申告の必要はありませんが、もしも医療費(支払った金額)が10万円を越えていれば、申告をすることでいくらか帰ってきます。昨年は不妊治療をしていたので医療費はたくさんかかっていましたが、今年は微妙です。
【過去記事】助成金と医療費控除
今から領収書を整理して、計算した時、10万円いかなかったら骨折り損ですが、こんな時に役に立つのが、協会健保から送ってくる医療費通知(医療費のお知らせ)です。この書類には1年間の受診記録(3割負担の支払額)が記載されています。(ただし、保険適用外(100%自己負担)は記載されていない)
これで、去年かかった医療費を確認することができます。
そして、今年から、医療費控除の申請で領収書の提出が不要になりました(但し、5年間は要保管)。代わりに医療費控除の明細書という書類を書いて提出すればよいのですが、書くことが多いので面倒です。協会健保から送ってくる医療費通知(医療費のお知らせ)を提出すればこれも不要になるので、今年の医療費控除はすごく楽になりそうです。
下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - お得, 医療, 手続き