悪魔の証明

   

先日は、クリスマスでした。息子君にとっては初めてのクリスマスですが、まだ分からないと思うのでプレゼント&ケーキを準備するか迷いましたが、ママの一声できちんとすることにしました。息子君は、パパママとばあば👵と黒ひげのサンタさんから計3つプレゼントをもらいました。
だいぶ先の話ですが、クリスマスでは『サンタクロースは本当にいるのか?』という課題に息子君はぶつかると思います。
パパは小学校低学年までは『サンタクロースはいる』、高学年から『サンタクロースはいないかも』、中学生で『いないに決まっている!』となりました。その後、いろんなことを学び、経験を積んだパパは、もし息子君にその質問をされたら『見たことないので分かりません』と答えるでしょう。『見たことない=いない』は短絡的(単純すぎ)であり、『ないことを証明する、これは悪魔の証明と言われるほど困難』と安倍首相も某学園問題で言っていました。
もし、『サンタクロースは僕の家に来ないの?』と聞かれた時には、『サンタクロースはたくさんの人たちをハッピーにしたいと思っているんだよ、息子君には御馳走、プレゼントをくれる家族がいるからハッピーでしょ(^^)、でも、それがない子もいる、そんな子のところにサンタさんは行くんだよ。そして、サンタさんが子供たちにプレゼントを渡すから、パパやママ達も君にプレゼントを渡そうと思うんだよ』的なことを分かりやすく伝えれたらいいなぁとまた妄想しました。

下記バナーをクリックすると他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

 - つぶやき, イベント, 教育?, 行事